農プロジェクトとは? おしらせ レシピ ここで買えます

■お茶と木津川市

■お茶の美味しい淹れ方

■お茶の保存方法

まちの名称にもなっている木津川市の水運は、お茶の歴史と深く関わっています。

 

江戸時代末、この地域で摘まれた茶葉が集められ、茶商の手により加工精製した後、木津川によって神戸港へ、さらには海外へと輸出されていました。その船着場があった上狛(かみこま)は、現在も茶問屋が軒を連ね、茶商が伝統の技を今に伝える「お茶のまち」です。

 

山間に美しい茶畑風景が広がる木津川市。

ほんのりとした旨みが特徴的な「かぶせ茶」の生産量府内一を誇り、宇治茶ブランドを支えています。

お茶は非常に変質しやすく、保存方法を誤ると急激に品質が劣化し、商品価値を失ってしまいます。温度や湿度、空気や光などの影響を受けやすいため、品質が劣化しないように保存することが大切です。

2週間から1カ月程度で使い切るようにするとよいでしょう。

Copyright © kizugawa city All rights reserved.